手紙にすることによって気持ちが伝わるよ

未分類

今は手軽で簡単に文章を送ることができるツールが沢山出来てきています。
代表的なものは、SNSに成ります。現代はどうしても手軽にメールで送ることができるので楽な方法を選びがちになっています。その中でも敢えて手紙で文章にして送る人も、多く存在します。手紙の方が、気持ちが伝わりやすいからです。

例えばですがラブレターを送る時、メールより手紙のほうが、確実に気持ちが伝わります。感謝の気持ちを伝える時も、ひと手間加わった手紙は嬉しい気持ちに成ります。簡単に済ませたい気持ちが、強くなる時も多く有りますが、感謝の気持ちを伝える時は、手紙を使用したいと思います。手書きで文字を書くと、個性が滲み出ます。だから感謝の手紙には、手書きだと気持ちが伝わりやすく成ります。私は文通コーナーで、交換しあっていた時も有ります。
手紙を出す時、メールやSNSとの違いについて考えてみましょう。第一に気持が伝わりやすいからです。なぜそうなるかというと、手紙の一文字、一文字には書いた人の気持ちが籠(こも)っているからになります。文字には上手い、下手だけではなくその書いた人の個性がわかることに繋がります。パソコンのキーボードで打った時の文字には、生み出すことはできないのです。

さらに手紙を書くには、気持ちの整理、内容をまとめる。さらに書くという作業が、必要に成ります。手紙を書くためには、多くの時間が必要になってきます。もらった人は、「私のために時間を割いて、手紙を書いてくれた」と感じて手紙の内容に暖かさが加わり、気持ちが伝わってくるものに成ります。最近はどうしても、メール、SNSが普及して手紙をもらう機会は減少しています。
手書きのはがきや手紙をもらうことは、まず無理な事になってしまっています。今は、住所録を作成しておきます。例文を検索して、体裁の良いはがき、手紙しかもらうことができないのが日常になっています。その中で手書きの手紙を特別な人のためにしか、出すことはなくなってきています。字が下手でも、手紙を出して頑張れます。

学生時代に、好きな人にラブレターを出した経験は有ります。今は、手書きをもらうことは、ほとんどあり得ないことになってきています。手紙をもらうことが非日常な事になってしまっています。手紙をなかなかもらうことができなくなっているので、婚活でも手書きの文章を渡して上手くいくことが増えてくるかもしれませんね。これから意中の人に、交際の申し込みを手紙で手渡しできる日が来るかもしれません。

メールと手紙では、それぞれに良い点、悪い点、有ります。手紙はもらえる日を待つ楽しみを感じる人もいるし、メールのようにすぐ返事が欲しい人もいます。
手紙の楽しみは、以前は色々なところに有った文房具屋に色々なレターセットが置いて有りました。誰にどんなレターセットを使うか楽しみも有りました。
今のスマホの場合は、メッセージにどんなスタンプを使うかくらいになってしまいます。手紙はずっと手元に残っていくものです。スマホのメールの方が効率的で、残さないで楽という考え方も有ります。スマホでメールをすると、機械的になってしまい気持ちを伝えることが難しく成ります。手紙でもらうと、メールの様に機械的になることは有りません。大切に取っておくことも、多く有ります。時間が経ってから、また読み直しをしたくなることも多いと思います。

手紙をもらうと、大切に文章を考えてくれたと大切に保存してくれる事が多いのです。更に手紙を贈る側にも、良い事が起きますね。手紙を出すことで自分自身のメリットを考えていきましょう。大変だけどたくさんのメリットも!手紙を書くことで得られること。それは何を書いたらいいのか、どう書いたらいいのか、相手のことを思ってしっかり考えるからです。実はこういうふうに相手のことを考える時間は、自分の気持ちとも向き合っている時間でもあるのです。なにかと忙しい時代ですが、手紙を書くことでゆっくり何かを考えられるのは、とても大切な時間になるはずです。手紙をもらうと、印象が上がることも考えられます。電話、メールでもらうよりも、自分のために時間を割いてくれた、思いを込めてくれた、と感じてもらうことができます。一通の手紙で伝わるからです。

ビジネスの取引先に感謝の手紙を書く時でも、手書きの手紙をもらうと相手から好印象を持たれます。結果その後のビジネスに繋がっていくことも考えられます。さらに、夫や妻、恋人にも同様の結果が有るかもしれません。手書きで書いて印象を良くしたいですね。手紙を書くことは、それなりにマナーが有ります。以前は恋人に固定電話に掛ける時は、家族である父母の方が必ず出ます。許可が出て始めて、話をすることができます。それでも長電話は禁物でした。手紙の場合は、差出人が書いていないと渡してもらうことが難しい時代でした。
手紙を書くときは、丁寧語や謙譲語の使い方をはじめ、もっと丁寧に書くのであれば、頭語から始まり時候の挨拶、結語といった決まりもあります。つまり、手紙を書くだけでマナーを確認することになるのです。コロナ禍の時代で、自宅で手紙を書くことも多くなっていきます。手紙を書くことは、自分自身と向き合える貴重な時間になっていくと思います。

タイトルとURLをコピーしました